ゆーぴーほうそうきょくブログ

ヘアケアと旅ブログ

薄毛で悩んでる方へ/【根拠】ハゲはメンタルを極端に下げる

結論から言うと、ぶっちゃけハゲになると精神的な余裕が無くなり、人間関係や仕事への影響が出てきます。


裏を返せば、精神的に余裕が出来てくれば人間関係や恋愛、仕事へも積極的になります。


ハゲてるから、という理由で人間関係が消極的になる事があると思いあたる人は是非読んでください。



ハゲはメンタルを極端に下げるというのはどういうことかと言うと、ハゲた人は、ハゲていない人に比べて色々気を使うことが多くなります。


どれくらい髪に気を使うのか、以前の僕が経験した1日の行動で説明します。


まず朝、起きたら枕に着いている抜けた髪の本数を意識します、何本抜けたのか数え、いつもより少なければホッとするが、逆にいつもより多いとかなり凹みます。
普通の人ならさわやかな1日の始まりでしょうが、ハゲた人はいつもより抜け毛が多いだけで、その1日が台無しになります。


朝ごはん食べる時も髪に良い食べ物を意識しなければなりません。
いちいち、この食べ物って髪に良いか、悪いか、その時に食べたいものを食べられないストレスがかなりあります。
人には色々な欲がありますが、食欲はかなり上位ランクの欲に入りますので結構なストレスです。



次に、最も重要な身だしなみは、何と言ってもヘアケアとヘアスタイルのセットです。
高価な育毛剤を使用してるもののあまり目立った効果も感じられない。
使っている育毛剤の効果を実感していないので、色々な広告にまんまと騙されてしまいます。
効果あるかな?と思っても藁をも掴みたい心理状態だから、疑う気持ちより、もしかしたら生えてくるかも。という期待が勝ち、広告を鵜呑みにし、新しいのを次から次へと購入してしまい、無駄にお金を浪費します。



育毛ケアが済んだら、メインのヘアセット

ヘアスタイルが上手く決まらない日は1日憂鬱。ただでさえ髪にボリュームやハリがない、痩せた髪だから梅雨の時期のヘアセットはめちゃくちゃ大変です。


薄くなってる前髪と頭頂部を横や後ろにある髪を上手く寄せ集めて薄毛を隠します。
これが上手く決まる日と決まらない日ではその日1日が全く違う日になります。まさに雲泥の差


前髪は比較的作りやすですが、頭頂部は自分では見えにくいから三面鏡やら、最近だとスマホのインカメラの動画で頭頂部を撮影して上手く隠せれてるかチェックします。


とはいえ、そもそも髪が薄いので中々上手く上手くまとまりません。そういう上手くまとまらない時は、ミリオンヘアー(黒い粉のふりかけ)や、薄毛隠しスプレーで上手く調整します。


ただし、これはやり過ぎると逆効果。文章だと説明しにくいですが、人工的というか付けすぎると不自然な黒さになります。
あくまで補助くらいの使い方がベター。そんな微妙な使い方にも気を使う必要があります。


しかも、頭が痒くても掻けません、なぜなら万一爪を立てて掻いたら…。そう!爪の中に黒いものがビックリするくらい付きます。


あと、黒スプレーは飛散するから衣類に100%飛び散ります。しかも洗ってもなかなか落ちません。使用する場合は裸か、肩にバスタオルを巻いてから使用しないといけませんし、黒いふりかけも付けすぎると白いシャツに落ちてきますから気をつけないといけません。


次の難関は外出。その日の気象条件によってかなり違います。


まず、雨の日

これは最悪、髪はぺったんこになります。朝時間を掛けて作り上げた作品も悲しい状態です。

風の強い日

湿気によるヘタリは無いですが、向かい風は危険。横や後ろから掻き集めた髪が強烈な風の影響で、ひっちゃかめっちゃか。ハゲ散らかすとはまさにこの事。温水さん状態。向かい風の時は後ろ向きで歩きたい気持ちです。



更に、雨と風が重なる場合は、まさに雨と風のX攻撃というか、想像を絶するインパクトで心身共にヘロヘロです…。


じゃあ、晴れがいいかというと、そうでもないです。日差しが強い日は直射日光が頭皮に当たると頭皮環境にはよろしくありません。
だから帽子を被る事になるんですが帽子の中はムレムレだから、これまた禿げ散らかし状態
容易に人前で帽子を取れません、だから室内に入っても、ずーっと帽子を被ったまま。まあ、他人から見たら変ですよね。


気を使うのは、気候の変化だけではありません。日常的に薄毛隠しスプレーを使っている場合は、使っている事をバレないようにしないといけないです。



ヘアカットに行く時は、黒いふりかけや、黒スプレーは付けて行けません。一旦、シャンプーで洗い流してからしかサロンに行けませんから、仕事帰りの床屋や美容院にいけません。だから、わざわざ休みの日を使わないといけないのも無駄に時間も使います。



気を使うのはヘアサロンだけではありません。疲れた時にいくマッサージもそう。行くときは必ず黒いふりかけや黒スプレーを落としてからしか行けません。


万一、忘れていってしまったらマッサージ師の手は真っ黒になります。そういうことを気にしてるので外出先でマッサージに行くときはフットマッサージしか行けません。



仕事や旅行で飛行機を利用する時も気を使います。


飛行機空港の手荷物にスプレーは持ち込み禁止です。小旅行なのに黒スプレーが入っていたらチェックインカウンターで荷物を預けないといけません。リュックしかないのに預ける時、このサイズなら機内に持ち込めますよ。とアドバイスくれますが、それを断って預ける時の空気感がとても微妙です。


辛い物や激しい運動した時に流れる汗も黒くなりますので出来る限り、汗をかかないように気をつけます。



自宅に帰ってからも、まだ気を使います。
ベッドでスマホ使いながら寝落ちする事ってありますよね?そんな時に黒いふりかけや黒スプレーが付いていたら枕やシーツが真っ黒に。なかなか洗っても落ちないのでおちおち寝られません。
頭洗わず寝てしまうのは、頭皮環境にも悪く最悪です。


シャンプーもメ●ットとか、安い物は使えないです、頭皮に良いスカルプシャンプーしか使えないのでホテルや温泉にも持参しないといけないので必然的に荷物が多くなりがちです。


毎晩の日課として寝る前に育毛は欠かせません。効果があるのか実は微妙ですが、止める勇気がないので継続している育毛剤によるケアをしっかり行います。



どうでしたか?

細かい事を挙げたらまだまだ気を使う事はたくさんありますが、たった1日でもこれくらい時間をハゲに気を使うのに費やしてるんです。



しかもネガティブな感情に多くの時間を費やしますから、精神的にも余裕が無くなり、積極的に人と会うのが億劫となったり人間関係が希薄になります、無駄に時間を費やしてるせいで、趣味や仕事、勉強など、自分のスキルを上げる時間も減ってしまうので長い目で見るとかなり差が出てきます。




ミノキシジルやフィナステリドなど確実に効果の出る本格的なAGA治療を行い根本治療を行うか、逆に薄毛を隠さず、開き直って坊主にするのも有効な手段です。
メンタル的な余裕が出来てくれば人間関係や恋愛にも積極的になります。仕事でも余計な気を使う事も減りパフォーマンスの良い仕事が出来るようになります



小手先の対処は、時間と小銭の無駄遣いだけでなく、人間関係にも影響を及ぼしメンタルを低下させます。




ハゲでメンタルを極端に下げない為にも、ハゲを気にしない対策を考えましょう。気持ちの持ち方ひとつで環境は180度変わります


ちなみに僕は薬によるAGA治療で薄毛が改善した事から、ハゲに気を使う時間が劇的に減少しました、メンタル的なストレスが無くなった事から遊びも仕事も充実しています。


最後まで読んで頂きありがとうございました、以前の僕のように悩んでる方の参考になれば嬉しいです。