ゆーぴーほうそうきょくブログ

ヘアケアと旅ブログ

「日焼けはマジヤバーーーい!」AGA【サンバイザーで大丈夫か!?】


こんにちは、ゆーぴーです。
薄毛歴は既に10年以上。これまでに色々な薄毛対策を試してきました、それらを知ってもらう事で、薄毛でお悩みの人の参考になれれば嬉しいです。


日焼けはマジヤバーーーい!


長ーいGWから1週間経ちました、そろそろ仕事モードに体内時計も戻りつつありますが、気温もぐっと上がり夏日のような暑さも感じるほどの過ごしやすい気候ですね。


で、今回はゴルフシーズン到来!という事でプレイする機会もぐっと増えてきますから、薄毛の「日焼けはマジ、ヤバーーーい!」



帽子は何のために被るのか?


そもそもゴルフの時に帽子を被る理由は何でだろう?
名門コースでは、帽子は絶対に必要でマナーを理由に着用を義務付けているゴルフ場も多々あります。
また、実用面においても野外での紫外線から頭や顔を守る役目や、日差しを遮ることでボールが見えやすくなるという役割があるからです。



キャップよりサンバイザー?


キャップは雨の日はキャップ自体が濡れて重くなったり、風が強い日は飛ばされてしまうのがデメリットです。そういったことを気にするプレイヤーがサンバイザーを選んでいるようで理にかなっています。


しかしながら、これは毛髪がフサフサの人の場合。毛髪(特に頭頂部の)が少ない方や無い方は逆効果。


やはり髪が無い分、紫外線を直接受けてしまいますし、紫外線以上に心配なのが日焼け。日焼けは軽いやけどと同じですから、頭皮がやけどをすれば毛根には少なからず影響があります。


影響としては、炎症や皮がむけることによるフケ、乾燥、頭皮環境の悪化などです。紫外線や日焼けによるダメージを受けた頭皮は頭皮を守ろうとして皮脂を分泌します。その為、過剰に皮脂が分泌され、毛穴に詰まったりすることで頭皮環境が悪化し、抜け毛の原因になります。




しっかり、紫外線対策を


万一、日焼けした場合は頭皮を冷やして炎症をクールダウンケアしてください。そして過剰な皮脂が分泌されないように頭皮をしっかりと保湿してくださいね。


という理由から、ゴルフのあとに対策を怠って後悔しないようにしっかりとした紫外線対策と日焼け対策を取るようにしましょう。


後悔はスコアだけにしましょうね(笑)


そういうことから、薄毛ゴルファーには、サンバイザーより、キャップの方が断然おすすめです!