ゆーぴーほうそうきょくブログ

ヘアケアと旅ブログ

「抜けはじめてわかる、髪は長~い友達」のCM【カミ(髪)ングバーック!】


こんにちは、ゆーぴーです。
薄毛歴は既に10年以上。これまでに色々な薄毛対策を試してきました、それらを知ってもらう事で、薄毛でお悩みの人の参考になれれば嬉しいです。

抜けはじめてわかる、髪は長~い友達


昔、育毛剤カロヤンのテレビCMで流れてましたが、40代より上の世代なら記憶があるんじゃないかな。


画面に大きく映し出される「髪」という文字。その右上の3本の線が、ふらふらと抜け去ると、左上の「長」の文字が横に伸びて、「長い友」になるというCM。


CMはこちら、
https://youtu.be/MgAN92U1kyk

馬に乗って旅に出るカウボーイの背中に、少年が『カミ(髪)ングバーック!』って叫ぶシーンは、シャレが効きすぎでしょ。


AGAになった今、改めて見ると本当にそうだと思う、とても優秀なCMですね。第一三共さん、またCMやればいいのに、勿体ない。




アサイクルについて

健康な髪のヘアサイクルは、

「成長期 3〜6年」

「退行期 1ケ月」

「休止期 2〜3ケ月」



つまり、9割の期間が成長期なんです。
休止期間を経ると抜けた部分からまた新しい髪の毛が生えてきて再び成長期へと、ヘアサイクルを繰り返すので健康な毛髪は減らない仕組みになっています。



だけど、僕たちAGAは、男性ホルモンの影響からヘアサイクルが乱れて、簡単に言うと生える毛より、抜ける毛が多いので薄毛になるんです。


男性ホルモン(ステロイドホルモン)の中で最も含まれている(テストステロン)という物質が、毛母細胞の自然死を促すシグナルが出します。


本来なら毛周期であるのに『もう、抜ける頃だよ』という誤ったシグナルに細胞は誤解し、退行期へと誘導されて脱毛しちゃうんです。


男性ホルモンに関する過去の記事はこちら
≫「男性ホルモン」って薄毛になってやたら気になるけど【ルパン三世か、怪盗キッドか】


アサイクルが乱れる要因は男性ホルモンの影響だけでなく、ストレスや食生活、頭皮環境間、加齢、遺伝乱れた生活習慣(例えば睡眠不足や運動不足、喫煙や過度の飲酒など)これらの要因が、頭皮の血流を悪化させヘアサイクルが乱れてきます。


男性ホルモン
これは薬に頼るのが最も効果的ですが、薬ですから外用でも内服でも必ず副作用があります。
効果がある反面、副作用というリスクがありますのでよく考えて判断してください。


クスリを逆さに読むと、リスクですからね。


ストレス
誰しも大なり小なりストレスはあるので、ストレス自体を無くするのは難しいですから、ストレスと戦うよりは、受け入れて上手くストレスと付き合うくらいの気持ちでいられるといいですよね。ちょっとだけ楽になりますよ。


食生活の改善
髪の主成分は「ケラチン」というタンパク質の一種です。そして「ミネラル」がケラチンの合成を促進します。 そこでおすすめなのは、良質なタンパク質を含む大豆や鶏肉、乳製品と、ミネラルを含む海藻です。これらをバランスよく定期的に取ることで食生活は改善されます。



薄毛治療はどの治療も一回で完治する事なく、どれも継続的な出費があります。目的と予算をよく考えて決めることが大事です。