ゆーぴーほうそうきょくブログ

ヘアケアと旅ブログ

【薄毛隠し】薄くなってきたと感じたときの選択肢【カツラはありか、なしか】


こんにちは、ゆーぴーです。
薄毛歴は既に10年以上。これまでに色々な薄毛対策を試してきました、それらを知ってもらう事で、薄毛でお悩みの人の参考になれれば嬉しいです。


今回のテーマは、【カツラはありか、なしか】


僕の答え、被るタイプのカツラは、なし。


メリット
・とにかく即効性
・つるつるにも使える

デメリット
・合ってないと不自然
・高価である
・お風呂や寝る時は外さないとムレる
・カミングアウトするタイミングが難しい


何故なし。か?僕の場合は、まだつるつるではないので増毛や発毛の選択肢が残っているのでメリットにあげた事は該当しないため。


でも、既につるつるという人ならば選択肢としては、やはり検討すると思いますが、それでも僕はなし。と言う理由(というか、カツラ経験から、カミングアウトした方との話)を参考にしてもらえれば、なし。の理由が分かると思います。


つるつるでもカツラはなし。の理由

以前、仕事でお世話になった方のお話です。


いつも髪もピシッと整え、スーツでパシッときめてる、いかにも仕事が出来そうな感じの雰囲気の人です。


実際に職場でも上司から頼られ、部下から慕われ、同僚から羨ましいがられるという風に見えていたので、僕が尊敬する人の一人です。


ある日、久しぶりに再開した、その方の風貌が一変してたんです。

一瞬、誰だかわからない。それぐらいの変わり方だったんです。


何が変わったかっていうと、


そう、髪型。あのピシッと整ったあのヘアスタイルが、、、。


スッキリ、さっぱり。


というか、きてる…。


ああっ、どう反応したら良いのか、
そこに触れるべきか、何もなかったかの様に自然に接するか。


結局、そこには触れられず、自然を装ってやり過ごしました。


勿論、髪型が変わったとしても尊敬する気持ちは変わることはないですが、どーしてもひっかかる。


そんな気持ちのまま、完璧に見えていた方の風貌が一変したんで驚きと何故?何かあった?様々な疑問が浮かんではくるが、本人に聞くことも出来ぬまま、


それから数年後。


その方が定年を迎え、お礼を兼ねたお祝いの席で、予想せず告白されたんです。


『俺、前はカツラだったんだよね。気がついていた?』


『あ、はい。何となく…』


『だよね、皆んなそんな反応だったからね』


『そうですか…』


『でも、何故だろう、カツラ外してからの方が人との関わりが上手くいくようになったんだよね』


『えっ!?だって、〇〇さんは、上司から頼られ、部下から慕われ、同僚からも羨ましいがられる程だったじゃないですか。(カツラを)取ったら更に上手くいったって事ですか?』


『いや、それは違うよ』


ひと息ついて、


『俺は上司から頼られてもいないし、部下から慕われてもいないし、同僚から羨ましがられてもいないよ。それはゆーぴーくんの想像でしょ?俺はハゲに悩んでカツラを被り、皆に知られないようにヒヤヒヤしてる臆病なおじさんだよ』


『えっえっえっ、えー!そうなの!?』


こんな凄い人でもコンプレックスを抱えていたとは全く気づかず、勝手に凄い人だと想像してました。


驚きと同時にカツラを外してからの方が人との関わりが上手くいっているという事に違和感を感じつつ、理由を改めて聞いてみると、


『他人が自分に心を許すには、まず自分から心を開くことが大切』だと思うとのこと。


事実、カミングアウトした後の方が親近感が湧くというか、壁が無くなって距離感が近くなった気がするので不思議だ。




全く隙のない人であっても、それはこちらが勝手に作った偶像であり、事実は必ずしもそうではない。と、改めて思う。でも、実はコンプレックスを抱えてる人間臭さが逆に人との距離感を縮めるという、人生の勉強になった出来事でした。


と、いう先人のありがたいお話に、僕は、つるつるになってもカツラはなし。と考えています。


薄毛治療はどの治療も一回で完治する事なく、どれも継続的な出費があります。目的と予算をよく考えて決めることが大事です。